No.1の人のための声の出し方、話し方トレーニング。"声戦略"トレーナー梶田香織@プレゼンジャパン

一番やトップにふさわしい声の出し方、テレビ・ラジオ出演時に必要な好感度の高いわかりやすい話し方等トレーニングを行います。スポーツ、芸術、学問等どんな分野でもNo.1取得者やトップまたはそれをめざす方もOK。持ち前の絶対音感で、声を聞き骨格や舌の動き癖を把握し、即効性高いレッスンが可能です。動画ナレーションやインタビューでPRのサポートも!声戦略トレーナー・七色の声のナレーター梶田香織のブログです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

テレビ番組が、林先生風、が”普通”になってきた!?

このごろテレビを見ていて思うことがあります。

林先生風口調が”普通”になってきたな~、と。

これは、私が個人的に感じていることですが、
いつもテレビに出演される方の声や渇舌、話し方や口調に耳を傾けていて気づきました。

どういうことかといいますと。


最近は、視聴者が知らないことを教えてくれる、
クイズ番組や情報番組が増えています。

お笑い芸人さんやタレントの方々が答えを考えるのと一緒に
視聴者として見る側も考え、
正解についての解説を、専門家が、登場して生で解説されたり、
VTRで解説シーンを撮影されたものが流れる、などが多いですよね。

その、VTRで専門家の方(=タレント等テレビ出演が仕事ではないいわゆる一般の方)、
が解説される場合、
林先生が登場される前は、その先生が、
目の前にいる人に説明しているように自然に話す、または、
時には、頭の中に準備したコメントや目の前に出されるカンペを
棒読み状態、のようになってしまいながらお話される方もいらっしゃったりしました。

ところが林先生人気が爆発し、今のようにあちこちの番組に出演されるのが当たりまえになったころから、
変わってきたように感じています。

ちなみに、林先生ご自信は、最初はテレビ出演は嫌がっていらっしゃいましたが、
途中から覚悟を決め、まったく考えを変えてテレビに出る!と心を決められたそうです。
林先生ご自身の声(音)の出し方や渇舌もそのころから明瞭さが変わってきました。

今でも、クイズ番組などで林先生が、VTRで解説しているときがそうなのですが、
決められた回答を、一音一音、しっかり、読む・・・といってもいかにも読んでいます、という
棒読みのようではなく、
「読む」と、「話す」の中間の話し方をされます。

さらさら自由に話しているわけでもなく、書いてあること、または覚えたことを、
子ども達に言い聞かせるようにハッキリゆっくり話すのです。


例えば栄養素のクイズの答えの理屈を解説する場合、

「ビタミンCはたくさん摂ってしまったとしても、(間をあける)
必要な量以外は身体の外に出てしまうので、
少ないよりは、積極的にたくさん摂取したほうが良い、
ということがわかっています」

これを普段の喋りのように話すのと、読むのとではリズムや明瞭さが異なります。
単純に「読む」だと、棒読み、つまり読み上げのようになります。

これを、人に伝える気持ちを強く持って読むと、棒読みにはならず、
リズムは読み、聞こえ方は話し言葉調、にすることができるのです。

この、私が勝手に名づけますが林先生風口調、が
テレビ番組内に非常に増えてきたように感じている、というわけです。


実は、この技術は、ビジネスマンの方にも必要な技術です。

ビジネスマンの方でも、たとえ大ベテランの役職の付いている方でも、
プレゼンテーションのときに台本があると、または台本を作ったら、
それを、棒読みにしかできない方がとても大勢いらっしゃいます。

それでは、聞き手は聞く気が起こりません。

ビジネスマンの方で、台本が無いと頭が真っ白になる、
思い浮かんだことを話すのが不得手、という方は、この、
林先生風口調のように、
書いてあることを、「話すように読む」 
という技術を訓練されると良いのです。


私はナレーター、という仕事で原稿を読んで話すわけなのですが、
1.原稿を読んでいないように、流暢に読む、ということ、そしてさらには、
2.まったく原稿が無くていかにも自分で話しているかのように話す、ということ。
3.そのほか、ラジオや司会時の仕事時にはまったく原稿無しで話す、
という3タイプの仕事に分かれる、と考えています。

そして、これまで、何千人もの方に、声や渇舌、話し方のテクニックをお伝えしてきて、
「読む」なら読む、「話す」なら話す、しかできず、
「話すように読むことができる」人が少ない、ことに驚きます。

それが、もともとできてしまったり、トレーニングしてできるようになった人が、
私達のような喋りの仕事に就いています。

この、できるできないの差は、これまでの何千人を見てきた経験から、
「おしゃべりな人」は自然にでき、
「人前が苦手」「話すのが苦手」という方はできにくい傾向にあるととらえています。

でもこれは、トレーニングすればできるようになります。
ただし、一人ではちょっと難しいかもしれません。
どこまでが「読み」になっていて、何をどうすれば「話す」の域になるか、を
「ジャッジできる耳(聞き取る力)」ができていないからです。


でもこの、台本があるのにいかにも自分で話しているかのように”読む”
という技術を身につけたら、怖いもの無いですよ!
人前で話すのが苦手な方は特にこの技術を身に着けるのがおススメです。
プレゼンも今までとはまったく違い、きっと堂々とできるようになります。

つい先日も、そのトレーニングを50代半ばの、取締役になるかならないかの方に
させていただき、
何百人もの前で講演されたその方から、ありがたいことにとても感謝していただいたところでした。



ちなみに、私の場合、もうひとつの顔、バタートースト評論家として
やはり、解説シーンのインタビューに答えさせていただくこともあるため、
読むように話す、のと、自分の話し口調で話す、のと、どちらがいいのかな~、
とちょっぴり機会あるごとに変えて話してみたりしています。


放送された番組を見たら、やはり、VTRだと、林先生風口調の方が
普通に感じるんだな~、と思いました。
その口調のほうが見慣れて、聞き慣れているんだ、ということを
客観的に強く感じました。


逆に、LIVEで、目の前に聞いてくださる方がいるところでそれをすると、
異常な違和感を感じます。

目の前に聞き手がいない、カメラの前で話す際の話し方として、
林先生によって、新しい文化が作られたんだな~、と感じています。


さて、あまり考えたことがない方も多いことと思いますが、
皆さんは、「話すように読む」・・・できますか?



スポンサーサイト

| 気になる声・話し方・言葉 | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国会でよく聞く、「を」入り(おはいり?)言葉

先日も、「を」が入る言葉が気になる、ということを書きました。

「ら」抜き言葉とよく似た傾向です。


時代の分かれ目、のような気がするので、ちょっと注目していきたいと思います。

「を」を入れて使われるシーンが増えればいつかそれが普通になっていくでしょうし、
でも、「ら」抜き言葉のように、正しくないからちゃんとしましょうよ、
と、正しいほうに戻そう、という流れになるのか。

時代を読んでいかなければ、と思います。


ただその前に、「を」が入った表現がまだそれほど巷で話題になっていないこと事態が気になりますが。




「一致をする」
「承知をする」

いずれも、国会での安倍首相のお言葉でした。






| 気になる声・話し方・言葉 | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

子どもの教育に重要な「レディネス」につい涙・・・

子どもの教育には「レディネス」が重要。

そんな記事が掲載されていました。
東洋経済オンライン

これを読んで、思わず目がうるっとしました。
今でもしっかり覚えていることを思い出したからです。

小学何年生の頃かは忘れましたが、いつものように家族みんなで晩御飯を食べているとき。

「香織ちゃん、今学校でなんの勉強しているの?」
と父に聞かれ
「消防署のこと・・・」
細かい言葉は覚えていませんがとにかく
社会の授業で消防署に関することをもうすぐ勉強することを
伝えたと記憶しています。

このあと何度か父との会話のやり取りがあったかと思いますが、
その翌日か数日の間に、
父が消防署が見えるところまで連れて行ってくれて、
いろいろと説明してくれました。

後日、授業で消防署のことを学んだとき、
父と一緒に見てきたことや、父が教えてくれたことが、
ポロポロと授業中に出てきて、まさにこの東洋経済の記事のように
見たことある、と思ったり
知っていると得意げになれたりしたことを覚えています。


あの教育があったからこそ、今こういうことに役に立っている・・・
あれは、そういう意味があったのか・・・
と思うことが本当に多くあります。

高校時代の夏期講習くらい以外は
小学校から学習塾に通ったことがありませんでしたが、
勉強が嫌いにならなかったこと(ただし、間違いなく好きでもなかった)、
勉強しなさいと言われたこともなかったこと、
そして、生きていく知恵がものすごく自分にたくさんあると気づく今、
ただただ両親に感謝するばかりです。

特に、周りの方に褒めていただける部分は、
両親から、あのときにこう言われたからだ、とか、
ああやって育てられたからだな、と
明確にその要因が自分の中で蘇ってくるためです。


今、私は、「話す」という技術を中心に、
経営者や社会人の方々だけではなく、
社会人になる前の10代や、時には小学生にも
その技術を伝える仕事をさせていただいていますが、
これから大人になる人には、
そんな、私の中にある、よく周りの人に褒めていただける部分についても
その方法や意識の持ち方を伝えることも注力しています。

ちょっと口うるさく感じられることもあるかもしれませんけどね(笑)。
でも、そういった、知恵の絞り方や工夫や配慮や気遣い、
といったことを言う家庭はどうやら少なそうだ、と
小学生から大学生を見ていて、つくづく感じています。


| 気になる声・話し方・言葉 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やはり、やるところはやっています「声」のトレーニングも

「月の商談数が4倍に!声とスピードで勝負する、ビズリーチ流インサイドセールスの極意」

FACEBOOKのお友達になっている方がシェアしていらっしゃった記事です。

やはり、トップクラスになると、細かいところまでちゃんとトレーニングが行われているんですよね~、
と思いながら読ませてていただきました。


声、って、「大事ですよね~」と言いながら、そこまで手を打っていない企業様がまだまだ多いです。
姿勢がだいじ、言葉遣いが・・・が優先されますよね。

わかります。

そのときに、声をしっかり出して練習しないと、気持ちが引き締まりません。

順番が逆なのに、といつも思います。

声をしっかり出しなさい。で、お辞儀してください。挨拶してください。
というと、何もいわなくても姿勢がよくなったり、挨拶もキリッとバシッと。
または丁寧にはっきりお話したりします。


基本的なビジネスマナー研修も行わせていただいていますが、
声をしっかり出していただくことを先に行うと、
受講してくださる皆さんの意識が早く切り替わるように感じています。



この春も、そんな研修をいくつか担当させていただいています。





| 気になる声・話し方・言葉 | 15:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NHKラジオ「子ども電話相談室」は、すばらしい教材!

夏休みや冬休みになるとNHKラジオで放送される「子ども電話相談」

この番組は私は大好き。
声の印象や話し方のトレーニングをする立場として非常に参考になります。


まずは、子ども。
あ、○歳でこれだけちゃんと話せる子がいるのか。と思うことが
子ども達にトレーニングを行うときの指標にできるのです。
○年生にどこまで求めていいかな、と考えたとき、
子ども電話相談室で、幼稚園でもハキハキ答えている子がいると、
幼稚園でもここまでできるんだな、と思います。

また逆に、4年生くらいになってもモゴモゴして暗~い話し方の子ももちろんいます。
考えを言えるかどうか、もありますが、
それ以前に、もしもし、や、おはようございます、の基本的なことを
ハッキリ元気よく言えるかどうか。
これは、何によって差が出るのでしょう?

何を聞いて子どもたちはその話し方になっているのでしょう。
誰に似ているのかしら。誰に教わったのかな。。。
教わっていないかもしれませんしね。

子ども達の話し方は”環境”で決まる、と私は考えています。
なので、幼稚園の子でもハッキリ話す子を聞くと、
そういう”環境”を子どもの周りに作ってあげれば、ほとんどの場合は
ちゃんと話せるようになるはず、と思うのです。



次は、回答者である先生方。
科学や生物など、それぞれの専門の大人たちです。

子ども達に、「○○さんこんにちは」というひと言で、
わ~、なんか楽しく話してくださりそうな先生!と期待感を持たせる声の方。
んー、なんか難しい話をしそうな雰囲気。。。と、こちらのテンションも落ちる先生。
とってもわかりやすく話してくれる先生。
先生、それ、全然小学2年生の子にはわからないと思います、私もわからないもん。と思う先生。

などなど。大人でもいろいろなお話の仕方はいろいろです。



そして、アナウンサー。つまり司会者です。

子ども達がいいたい事をちゃんといえないときに、
助け舟を出していいたい事をまとめてあげたり、
先生方の話が難しいと感じれば、司会者が
「○○ってことですか?」と小さな子にもわかるような言葉を使い、
それを質問として投げかけることで実は簡単な言葉でまとめている。
つまり、通訳です。

ちなみに私はこの立ち位置が大好きです。
聞き手と話し手の間をとりもつ立ち位置。
話し手の話を聞き手全員で一緒に共有して、
楽しんだり、へ~って思ったりしたい。
そこに、「え??? どういうこと?」という人が、
できれば一人もいて欲しくない。だから万人にわかるように伝えたいし、
多くの人と一緒に、「そうだよねそうだよね~」と共感して楽しみたい。

なので、アナウンサーの絶妙な助け舟やフォローを聞いてワクワクするのです。





子ども達はいろいろな話し方をします。
もちろん、それで良いです。
ただ。ちゃんと話せる子のほうが、良い機会に恵まれることは多いのではないか、と私は思っています。


もし、うちの子もぜひラジオで喋らせてあげたいわ!と思ってこの子ども電話相談室に電話をしたとき、
どんな子が選ばれるか・・・。


以前、この番組の番外編の特集で、先生方だけでお話されているときがありました。
「いや~、子ども達にわかりやすく話すのって難しいよね~」とみなさんおっしゃっています。
たしかに聞いていて「先生たじたじ・・・」と、
苦しみながら一生懸命答えていらっしゃる様子がありありとわかるときもあり、
先生がんばって!と応援してしまうときもあります。
終わった後、しまったな~、と思っていらっしゃる先生ももちろんいらっしゃいます。
番外編でもそうおっしゃっていました。

そんな中、どういった子ども達だと先生も嬉しいな、というお話がありました。
そこで先生方から出た多くの意見は
「やっぱり元気な子がいいな~」と。

あの番組は、生放送中に電話で質問を受け付けています(メールでも受け付けている様子)。
そのたくさんある電話の中から実際に放送に出られるかどうかが決まるのではないかと思います。
(これは、私の想像で、確かめたわけではありませんが)

そのときに、もちろん、質問のよさ・おもしろさもあると思いますが、
親がラジオに出させたくても、子どもがゴニョゴニョ話して、ラジオで聞いている人が
何を話しているかわからない、という子が、果たして選ばれるでしょうか。。。

電話なので、先生方も子ども達に「○○でしょ?」「○○のときはどうしてるの?」など、
放送中に言葉を投げかけ、会話しながら質問に答えていきます。
その質問に対する返事が、無言に近いほどにゴニョゴニョ言っているだけ、であったり
はっきりしゃべらず聞き取りにくい、声が小さい、
では、先生たちも困ってしまいます。
(そこでアナウンサーさんの力が発揮されることになるわけですが、
それでもなんともならないときもあります)


さらにいえば、そんな感じでハッキリ聞き取れない子が電話で話しているその向こうで、
兄弟なのか、より小さな子が近くでキャ~キャ~言っていて、
電話口の子の声が聞こえないなんてこともあると、
いったいどういう教育が行われているのか・・・
と、もちろん先生方やアナウンサーさんは口が裂けてもそんなことは言いませんが、
そう思っていることでしょう^^


ちなみに、子ども電話相談室は、
「○○県の、○年生(または○歳)、○○○○さんです」と、
この、個人情報が、といわれる時代にバッチリ名前が出ます。
もちろん保護者の方も承知の上。

その条件の中で、子ども達が話すのは、意識していなくても
いま、この子の話す力はこれくらいです、と全国に披露している、ということにもなります。


上手じゃなくても良いんです、プロじゃないんだから。
(これは私がよく言う言葉。
話のプロになるなら別ですが、まずは元気よく、ハッキリ、伝わるように喋ろう!
これが子ども達には最も大事。
(もちろん大人にも。ただ、大人はこればかりでは済まされませんが)

元気に話せたら、こうしたラジオでも、出演できる可能性が高まるかもしれません。
そこで、同じ年の子よりも、年上の子よりも、元気良くしっかり話せたら、
「すごいね」と言われるかもしれません。
そうしたらまたそれがきっと自信になって、よりハッキリ話すことを意識するなど、
良いサイクルが生まれてくるかもしれません。



あ、また長くなってしまいました。

そんなわけで、この番組は、声の印象や話し方、という点で、
子どもだけではなく、実は大人も、聞いて非常にためになる番組だな、と思います。

それよりも、子ども達のビックリするような質問と、それによって知らなかったことを知ることができる、
という面白さと驚きと、知った喜びの方が大きいですけどね♪


次の放送は春休みかな? 楽しみです。







| 気になる声・話し方・言葉 | 20:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT